困ったときはとても助かる

給料前の急な飲み会等で、いざという時に手持ちがないと付き合いでも行けなかったのですが、手軽にコンビニでキャッシングが出来ると助かった記憶があります。
その他に急な出費等がありオートローンが支払えなくなった時に自転車操業になってはしまいますがコンビニキャッシングでキャッシングをして支払いをしたこともあります。

自分は実家の農業で従事している身なので収入が同年代と比べて極端に少なくて更にここ数年で結婚、第1子誕生、第2子目を授かりいろいろな事で出費がかさむのでコンビニキャッシングとは切っても切れない関係になっています。
妻も正社員で勤めていますが、産休に入り更に世帯収入が減ったのでそのこともコンビニキャッシングを頼る要因の一つになっているかと思います。

ネットの情報や知人が利用していて手軽で便利だということで利用していますが、やはりコンビニでお金を借りるのは手軽がゆえのデメリットが多々あるかとおもいます。

まず一つに、申し込みがあまりにも簡単なこと。免許証等のみで審査の申し込みが出来てキャッシングをする実感がわきません。

二つ目に審査が早く尚且つ低所得でもそこそこの枠が簡単に通ること。これが仇となり気持ちが寛大になり使いすぎてしまいそうな状況に陥ること。

三つ目に最大に利点である手軽。コンビニで自分の口座から現金を引き出す感覚でお金を手にすることが出来てしまうので、所得の能力以上の買い物をしてしまいがちです。
クレジットカードも同じかもしれませんが、「自分のお金を引き出す感覚」が錯覚を起こしクレジットカードより罪悪感といいますか、やってしまった感が少なく予定外の買い物をしてしまったこともあります。

これらの事をしっかり理解し上手に利用すると大変便利なサービスだと思います。