どれが私に向いているんだろう?

子供がまだ小さかった頃に「何かパートをしたいな」を思っていたのですが、「保育園に預けてまで」というほどではなかったので、在宅ワークを探しました。ただ一言で在宅ワークといっても、よくあるシール貼りや部品や商品の組み立てから翻訳、事務のサポートといったのまで色々あって、探している時は正直「どれが私に向いているんだろう?」と悩みました。

そして、ある日、私は「メールレディ」というのを見つけ、「携帯でしようと思えば出来るから手軽だし、文章やメールを書くのが好きだから、私に向いてるかも」と思い、メールレディアプリを探してみたのですが、メールレディの募集とほぼ同時期に「テーマを基にしたライティング業務」という在宅ワークを見つけたので、「在宅ワークとメールレディ」ってどっちが良いのかなと、しばらく迷って、最終的にライティング業務にしました。

在宅ワークとメールレディはどちらも「家に居ながら仕事が出来る」という点では一緒ですが、私個人的に「メールレディって、後々詐欺やトラブルに巻き込まれそう」という想いがありました。もちろん、きちんと身元の確認をしてから行うメールレディが殆どだと思うのですが、「不安を感じながら、仕事をするのは」と感じていたので、結局、メールレディの仕事はせずに「テーマを基にしたライティング業務」という在宅ワークを約5年程しました。

ライティング業務の在宅ワークをして感じた事は「納期をきちんと守れれば、自分の生活ペースのままで仕事が出来る」です。それから、発注先からの「です・ます調で」、「ブログ記事なので、お友達に話す感じで」というような条件をチェックすれば、調べて作成する事が出来るので初めてでもやりやすかったので、書いたり、調べたりするのが苦にならない人なら、おススメの在宅ワークじゃないかなと思います。